JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

SWの巻

2015年12月21日

マッドマックスを映画館で観れなかった悔しさから
スターウォーズは真っ先に映画館へ足を運んだ次第である。
往年のSWファンの間ではあまり評判が宜しくないようだが
私のような「とりあえずシリーズ通して観てる」ぐらいの映画ファンであれば
「まぁこれがスターウォーズって映画だしな」という感想だ。
何か新しい発見や衝撃を求める映画ではない。
そもそもサガ映画とはそういうもんだ。
ルーカスフィルムがディズニーの傘下になり
ジョージルーカスが監督の座から離れたわけで
今作は色んな意味で楽しみであった。
シリーズ未経験の人でも十分観れるはず。
SWシリーズは1部から観る人、2部から観る人で分かれるが
3部から観て、あとは時系列で1から順に観ていくのも有りだろう。

天秤の巻

2015年12月14日

松風が山を洗ってゆく。
山茶花は揺れ、その度に京緋色の花弁が秋を削る。
早いものだ。
言葉にも出来ぬほど、驚くほどの早さで時は過ぎ去る。
その瞬きの間に息吹き、事切れていく。
いつか昔「人の命は平等だ」と教えられた。
ところが、世の中はこんなにも不条理に満ち溢れているではないか。
長生きする犯罪者もいれば、今日死んでゆく善人もいる。
人の命を天秤にかけることが非道徳なだけであって
世の中が不平等に成り立っているのはみな承知の上である。
食うか食われるか。
生きるためには人を蹴落とし、這い上がらねばならぬ時もある。
社会も政治も然り。
残酷な世の中から目を背け、批判ばかり垂らすようでは何の意味も ない。
況して、何もせず体たらくに幸せを望む者などに仏が情けをかけるはずがない。
いつだって、世界を変えるのは人間である。

不愍の巻

2015年12月09日

深閑とした年の瀬の夜。
まだ些かの騒がしさを残しつつも、街は冬の装いに勤しんでいる。
もう幾分すれば暗然の底に沈んでゆくのだろう。
新春の麗らかな気配はまだ遠くあっても、どこか淡い旅情にも似た寂しさが
胸の奥をすーっと転がっていく。
時折、そんな寂寞に堪えられず、意味もなく車を走らせては
見ず知らずの土地で行き場のない空心を解放してやる。
じっとしていては、鈍重な冬の夜に飲み込まれてしまいそうな気がするのだ。
年甲斐もなく、哀れな不愍を感じながら
毎夜、迫りくる夜から逃げるように眠りに就くのであった。

露寒の巻

2015年12月04日

冬の匂いがしている。
晩秋は眇々と時を刻んで、長い冬の気配にゆっくりと身をひそめていく。
都会の喧騒の中にも、季節の移ろいというやつは確かにあるものだ。
小さいながら懸命に街色を変えている。
田舎にいたころは、目に見えて世界が変わってゆくのを体感できた。
野山は茜色に染まり、鳥威が侘しく揺れる刈田に夕日が映える。
閑散としていながらも、どこか温かく人情じみた風景がそこには広がっていた。
寒くなるにつれ、街色は温かく変わってゆくのだ。
露寒の朝に、ふと郷愁に駆られ立ち尽くす。
その憂苦にも似た感情は、かつての風景に重なり、感傷へと変わっていく。

つむじまがりの巻

2015年11月29日

更新がえらく滞ってしまった。
またしても根も葉もない噂話が巷を流れていることだろう。
やれ「寿司職人になった」とか
やれ「南極観測隊に入った」とか。
ここ暫くは猫の手も借りたいほどに公私とも激務であったわけだが
無論、私は今まで通りこうして健在である。
最近、街ゆく学生を見かける度に、妙な切なさを覚える。
羨ましさのような稚拙な感情ではなく、何とも掴みどころのない物思い。
単調なようで新鮮だった毎日。
いつか描いた夢の轍、叶った恋、消えた恋。
それら戻らぬ青春への憧憬が濛々と湧きたってくるのだ。
同時に、彼らが今こうして若気を謳歌していることに嘆美してやまぬ。
後悔の念など別にない。
い や、寧ろ今の方が何かと恵まれているのは事実だ。
しかし、あの紅く輝いた純麗の日々に思いを馳せれば
目の前の日常など途端に霞んでしまう。
懐古すればするほど、未だ色褪せない昔歳が胸の内を叩くのだ。

ルーツの巻

2015年11月06日

音楽のルーツは何かと、よく問われることがある。
「音楽にルーツなんて特 にない」と答えると
狐につままれたような顔をして驚かれる。
音楽をやっているならルーツがあって然るべきという
何ともよくわからない風潮が音楽業界にはあるみたいだ。
私にとって音楽が生活スタイルに影響を与えているわけではなくて
生活スタイルの延長線上に音楽があるだけである。
だから私にとってのルーツとやらを紐解けばホットロッドやスケートボードカルチャーで
車、バイク、タトゥー、スケートボード・・・
それらと同様にロックンロールといった音楽があるだけだ。
かといってロックンロールがルーツだというわけでもない。
感化を受けた音楽なんて、山のようにある。
結局のところ、本人が確立した生活スタイルを持ってなければ
どれだけルーツだ 何だと言ったところで音楽がそこにリンクするとは思えない。

装いの巻

2015年10月24日

今年も金木犀の甘く優雅な香りが漂い始めた。
かつては、その秋の訪れに伴い、浮ついた心持ちを持ったものだが
今ではどこか妙に心苦しく、言いようのない喪失感まで感じるようになった。
歳を重ねたところで何も変わりゃしないと思ってはいても
やはり重ねた分だけ遠退いてゆく何かがあるのだろう。
別段、神妙になっているわけではない。
色々と考える年頃というやつだ。
何でもない小説の一文に、ほろほろと涙を零してしまったり。
何でもない言葉の一脈に、おろおろとたじろいでしまったり。
まるで思春期の乙女のごとく、感受性の高ぶりを感じている。

風化の巻

2015年10月11日

5年ほど住んだ今の家から引っ越すことにした。
窓際のチェストの木目が随分と陽に焼けている。
置きっぱなしだった雑誌の山をどけてみると
まだここに来たばかりの頃の、濃いニスの色が残っていた。
ついこの間引っ越してきたような気がする。
しかし、こうして確かに時間は流れているのだ。
そして、これからも同じように流れてゆく。
妙な虚無感が全身を走っていくのを感じた。
このチェストのように、誰もが抗うことのできない現実と対面している。
みな気にかけぬよう過ごしてはいても
ほんの些細な物事が、とてつもなく大きな虚しさを連れてくることだってある。
時間の流れと いうのは残酷なものだ。
この窓から見える景色も、匂いも、もう暫くすればお別れなのだと思うと感慨深い。

清涼の巻

2015年09月14日

穏やかに流れる雲の向こうで
秋麗な空が広がっている。
落日ともなればそれは
熟れた無花果の果肉のように生々しく紅い。
生命の息吹、大地の鼓動。
美しく燃え上がる。

幽暗の巻

2015年09月09日

ふと目を覚まして
窓の向こうが薄暗くあったときなんかは
えも言われぬ感情に苛まれるものだ。
それが白み始めた朝であっても
暮れ始めた夕刻であっても
妙な寂しさが胸を埋め尽くしてゆく。
その鈍重な暗がりに怯えるようにまた静かに目を瞑ると
今度は朗らかな安堵感が私を包んでゆく。
そういう瞬間にこそ、小さな幸せなんてものを垣間見たりする。

 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 73