JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

欠落の巻

2017年08月30日

このコラムを通して、いかに私の人間性が欠落しているかがよくわかると思うが
そもそも他者と同調する気など微塵もないため、好き勝手に書かせていただいている。
無論、これでもかなりセーブしているが。
誰もが心のどこかで薄々感じていることを私は声に出して言っているだけだ。
あえて世間の常識を裏返して問題提起し、それらが本当に常識なのかどうかを問うことは
なかなか有意義ではないだろうか。
人間というのは誰だって誤謬を恐れるものだ。
自分が長年信じてきたものが「実は間違っていた」なんて夢にも思わないし、
仮に事実を知ったとしても「きっと何かの間違いだ」と自己肯定を始める。
そこですぐに「なるほど、勉強になった」と柔軟に思慮できる人間は大したものだが
大抵はそれをすぐに認めることができず、これまで盲信し続けたものの立場を守ってしまうのである。
別に間違っていること自体が悪いことではない。
そもそも生き方、思想などに正解はないわけで、他者がとやかく言う意味などない。
問題なのは隔てがましい同調意識だ。
それこそが社会全体を窮屈に至らしめている根源である。
マジョリティーが正しく、マイノリティーが間違いだという屁理屈は
私たちが小学生の頃から続く戒めのようなものだ。
波風立てぬよう振る舞う大人の名分は確かに必要だし、大多数に同調しているのが一番楽な生き方だろうが
死ぬまでそんなことを繰り返していると自我なんてものは何の役にも立たない。
無理して人に好かれようなどと考えず、気楽にやり過ごせば余計な足枷などなくなる。
そりゃあ善人に越したことはないだろうが、本当の善人というのは元より善人なのだ。
無理をして、人の顔色を伺いながら積んだ徳など何の意味もありゃしない。
人に迷惑さえかけなければ、誰かに嫌われることなど何も恐れることではないのだ。
そして、自分が思っている以上に他人は自分のことなど見ていない。
好意を抱いている相手以外は、誰だって大して興味がないのである。
かといって自己中心的に人を蔑ろにしていては友達さえ失ってしまうが
そのへんの塩梅は10年20年も生きていれば誰でもわかるのではないだろうか。

欠落の巻

2017年07月30日

このコラムを通して、いかに私の人間性が欠落しているかがよくわかると思うが
そもそも他者と同調する気など微塵もないため、好き勝手に書かせていただいている。
無論、これでもかなりセーブしているが。
誰もが心のどこかで薄々感じていることを私は声に出して言っているだけだ。
あえて世間の常識を裏返して問題提起し、それらが本当に常識なのかどうかを問うことは
なかなか有意義ではないだろうか。

人間というのは誰だって誤謬を恐れるものだ。
自分が長年信じてきたものが「実は間違っていた」なんて夢にも思わないし、
仮に事実を知ったとしても「きっと何かの間違いだ」と自己肯定を始める。
そこですぐに「なるほど、勉強になった」と柔軟に思慮できる人間は大したものだが
大抵はそれをすぐに認めることができず、これまで盲信し続けたものの立場を守ってしまうのである。

別に間違っていること自体が悪いことではない。
そもそも生き方、思想などに正解はないわけで、他者がとやかく言う意味などない。
問題なのは隔てがましい同調意識だ。
それこそが社会全体を窮屈に至らしめている根源である。
マジョリティーが正しく、マイノリティーが間違いだという屁理屈は
私たちが小学生の頃から続く戒めのようなものだ。
波風立てぬよう振る舞う大人の名分は確かに必要だし、大多数に同調しているのが一番楽な生き方だろうが
死ぬまでそんなことを繰り返していると自我なんてものは何の役にも立たない。

無理して人に好かれようなどと考えず、気楽にやり過ごせば余計な足枷などなくなる。
そりゃあ善人に越したことはないだろうが、本当の善人というのは元より善人なのだ。
無理をして、人の顔色を伺いながら積んだ徳など何の意味もありゃしない。

人に迷惑さえかけなければ、誰かに嫌われることなど何も恐れることではないのだ。
そして、自分が思っている以上に他人は自分のことなど見ていない。
好意を抱いている相手以外は、誰だって大して興味がないのである。
かといって自己中心的に人を蔑ろにしていては友達さえ失ってしまうが
そのへんの塩梅は10年20年も生きていれば誰でもわかるのではないだろうか。

夏影の巻

2017年07月27日

地球温暖化なんて言われてもピンとこないが、確かに昔はもっと涼しかった記憶がある。
夏の盛りであっても、早朝はひんやりとした空気が山から降りてきて
半袖・短パンの私は朝露を蹴り上げながらラジオ体操に向かったものだ。
日中こそ茹だるような暑さであったが、ヒグラシの声が遠く響く時分には
夏陰が姿を決して、生温かい風を押し流すように涼風が町を駆け抜けていった。

そんな時は決まって、旅の終わりのような寂しさが胸をついた。
当時はそんな旅情めいたものを理解する頭は持っていなかったが
夏の夕刻の、あの途端に表情を変える町の色が何となく怖かったのを覚えている。

風と風の間、鬱蒼とした薮林がふと静まり返り、
その刹那の静寂の隙間におびただしい生き物の鳴き声、慟哭、生命感を感じた。
ところが、その怖さというのは安堵感にも似た、掴みどころのない感情も含んでいて
台風の夜のような、妙な胸騒ぎと落ち着きが混同した、子どもながらに不思議な空間であった。
大人になった今でも、夏の夕暮れ時になると、あの当時の感覚がありありと蘇るのである。
そしてそれらは音もなく、またあの時と同じように東の空へあっという間に消えていくのだ。
あの頃の夏も、今目の前にある夏も、実際は何も変わっていないのかもしれない。
寧ろ、ただ自分が変わっただけにすぎないのだろう。

いつしか大人という狭い枠の中で物事を考えるようになってしまった。
与えられることが恵まれることではない。
かといって恵まれている瞬間は自覚がない。
なんとも難しいものである。

夏影の巻

2017年07月27日

地球温暖化なんて言われてもピンとこないが、確かに昔はもっと涼しかった記憶がある。
夏の盛りであっても、早朝はひんやりとした空気が山から降りてきて
半袖・短パンの私は朝露を蹴り上げながらラジオ体操に向かったものだ。
日中こそ茹だるような暑さであったが、ヒグラシの声が遠く響く時分には
夏陰が姿を決して、生温かい風を押し流すように涼風が町を駆け抜けていった。

そんな時は決まって、旅の終わりのような寂しさが胸をついた。
当時はそんな旅情めいたものを理解する頭は持っていなかったが
夏の夕刻の、あの途端に表情を変える町の色が何となく怖かったのを覚えている。

風と風の間、鬱蒼とした薮林がふと静まり返り、
その刹那の静寂の隙間におびただしい生き物の鳴き声、慟哭、生命感を感じた。
ところが、その怖さというのは安堵感にも似た、掴みどころのない感情も含んでいて
台風の夜のような、妙な胸騒ぎと落ち着きが混同した、子どもながらに不思議な空間であった。

大人になった今でも、夏の夕暮れ時になると、あの当時の感覚がありありと蘇るのである。
そしてそれらは音もなく、またあの時と同じように東の空へあっという間に消えていくのだ。
あの頃の夏も、今目の前にある夏も、実際は何も変わっていないのかもしれない。
寧ろ、ただ自分が変わっただけにすぎないのだろう。

いつしか大人という狭い枠の中で物事を考えるようになってしまった。
与えられることが恵まれることではない。
かといって恵まれている瞬間は自覚がない。
なんとも難しいものである。

夏色の巻

2017年07月21日

今年も無事、恒例の和歌山遠征が終了した。
大阪からは初参戦のジャイアン&フライデーナイツ。
何度も言っているが、一応はライブである。
しかしいつしか「遊びに専念したい」という大人たちの身も蓋もないワガママにより、
初日にさっさとライブを終わらせ(ライブはもちろん真剣)、あとは水を得た魚のように遊びまくるというスケジュールになった。
普段、暗い夜のライブハウスでしか会わないバンドマン同士が、
炎天下の中、子どものように川遊びに興じるのは何とも奇妙な光景だ。

 

夜はジャイアン氏の「怖い話しよう」という一言で
ただでさえ薄気味の悪い旅館の電気を消し、怖い話で盛り上がったのである。
うむ、これぞまさに夏季合宿の夜という感じだ。
女っ気の無さが、さらに合宿感を際立たせる。

 

実はその直前、打ち上げが終わって車に戻った際に、
隣に停まっていたスターライトラングラーズの機材車のバックミラーにかかっている芳香剤が
なぜかユラユラと揺れているのを目撃した。
この時、カラオケに行くメンバーと宿に戻るメンバーで別れたのだが、ラングラーズ一行はカラオケに行ったのだ。
車には誰もいないはず。
初めての不思議な現象に怯えていたら、実はコテツ(Dr)が先に乗っていてエアコンをかけていただけだった。
まったく、紛らわしいことをしてくれたものだ。
あの時、言葉にできない恐怖心を抱いていた自分が恥ずかしい。

 

なお、私は今回、最後の最後に川の飛び込みでミスって鼓膜に穴が開いてしまい、不完全燃焼のまま帰路についた次第である。
耳鼻科の先生に「実は川の飛び込みで・・・」と言うと「それ今日で2人目です」とのこと。
中耳炎の心配もなく、ほっといたら治ると追い返された。

 

毎年、決まって海の日の3連休に開催されるこの遠征。
参加希望の方はお気軽に連絡いただきたい。
もちろんバンドマンじゃなくても結構。

夏色の巻

2017年07月21日

今年も無事、恒例の和歌山遠征が終了した。
大阪からは初参戦のジャイアン&フライデーナイツ。
何度も言っているが、一応はライブである。
しかしいつしか「遊びに専念したい」という大人たちの身も蓋もないワガママにより、
初日にさっさとライブを終わらせ(ライブはもちろん真剣)、あとは水を得た魚のように遊びまくるというスケジュールになった。
普段、暗い夜のライブハウスでしか会わないバンドマン同士が、
炎天下の中、子どものように川遊びに興じるのは何とも奇妙な光景だ。

 

夜はジャイアン氏の「怖い話しよう」という一言で
ただでさえ薄気味の悪い旅館の電気を消し、怖い話で盛り上がったのである。
うむ、これぞまさに夏季合宿の夜という感じだ。
女っ気の無さが、さらに合宿感を際立たせる。

 

実はその直前、打ち上げが終わって車に戻った際に、
隣に停まっていたスターライトラングラーズの機材車のバックミラーにかかっている芳香剤が
なぜかユラユラと揺れているのを目撃した。
この時、カラオケに行くメンバーと宿に戻るメンバーで別れたのだが、ラングラーズ一行はカラオケに行ったのだ。
車には誰もいないはず。
初めての不思議な現象に怯えていたら、実はコテツ(Dr)が先に乗っていてエアコンをかけていただけだった。
まったく、紛らわしいことをしてくれたものだ。
あの時、言葉にできない恐怖心を抱いていた自分が恥ずかしい。

 

なお、私は今回、最後の最後に川の飛び込みでミスって鼓膜に穴が開いてしまい、不完全燃焼のまま帰路についた次第である。
耳鼻科の先生に「実は川の飛び込みで・・・」と言うと「それ今日で2人目です」とのこと。
中耳炎の心配もなく、ほっといたら治ると追い返された。

 

毎年、決まって海の日の3連休に開催されるこの遠征。
参加希望の方はお気軽に連絡いただきたい。
もちろんバンドマンじゃなくても結構。

朝凪の巻

2017年07月10日

訪れに浸る暇もなく、あっという間に夏が足元まできてしまった。
夏がジリジリと近づいてくるあの高揚感でさえ、まるで感じる暇がなかった。
何かと忙殺され、音もなく流れていく時間の波に気づかぬうち飲まれている。
侘しいものだ。
充実していればしているほど、時間なんてものは激流のごとく流れ去っていく。
暇なら暇で不自由だと嘆き、忙しければ時間がないと文句を垂れるのだから
人間なんて本当に都合のいいものである。
1日はどう足掻いても24時間しかなくて、その中で充実を得ることは大変難しいことだ。
「充実」なんていう曖昧な言葉で人生の価値が決まる訳ではないが
やはりできる限り有意義な時間の使い方をしたいものである。
仕事も含めて人生が充実している人間などごく僅かであろう。
「明日からまた仕事が楽しみだ」なんて思える人間は果たしているだろうか。
「女の乳を揉む仕事」とかそんな仕事があるなら話は別かもしれんが、
どれだけ好きな仕事をしていても、それが生涯通して常に「楽しい」と思えることは珍しい。
充実しているか?と問われれば、私自身は「充実している」と答えるが
それを疑問に感じる自分がいることも事実だ。
誰かと比べる訳でもなければ、どういう基準で充実しているのかもわからない。
しかし、少なくとも好きなことを存分にできている人生には違いない。
独り身の間の贅沢かもしれんが、好きなことができることこそが私にとって充実した生活のキーポイントである。
社会で生きていれば我慢しなければいけないことは多々あるものの、
人生を擲ってまで我慢する必要などない。
その我慢の先に何があるのかを考えた時、納得できる道を進むべきだ。

朝凪の巻

2017年07月10日

訪れに浸る暇もなく、あっという間に夏が足元まできてしまった。
夏がジリジリと近づいてくるあの高揚感でさえ、まるで感じる暇がなかった。
何かと忙殺され、音もなく流れていく時間の波に気づかぬうち飲まれている。
侘しいものだ。
充実していればしているほど、時間なんてものは激流のごとく流れ去っていく。
暇なら暇で不自由だと嘆き、忙しければ時間がないと文句を垂れるのだから
人間なんて本当に都合のいいものである。

1日はどう足掻いても24時間しかなくて、その中で充実を得ることは大変難しいことだ。
「充実」なんていう曖昧な言葉で人生の価値が決まる訳ではないが
やはりできる限り有意義な時間の使い方をしたいものである。
仕事も含めて人生が充実している人間などごく僅かであろう。
「明日からまた仕事が楽しみだ」なんて思える人間は果たしているだろうか。
「女の乳を揉む仕事」とかそんな仕事があるなら話は別かもしれんが、
どれだけ好きな仕事をしていても、それが生涯通して常に「楽しい」と思えることは珍しい。

充実しているか?と問われれば、私自身は「充実している」と答えるが
それを疑問に感じる自分がいることも事実だ。
誰かと比べる訳でもなければ、どういう基準で充実しているのかもわからない。
しかし、少なくとも好きなことを存分にできている人生には違いない。
独り身の間の贅沢かもしれんが、好きなことができることこそが私にとって充実した生活のキーポイントである。

社会で生きていれば我慢しなければいけないことは多々あるものの、
人生を擲ってまで我慢する必要などない。
その我慢の先に何があるのかを考えた時、納得できる道を進むべきだ。

北国の巻

2017年05月24日

バンドとしては4度目の札幌。
ハコに着くなり、荷物を降ろして寿司屋へ走る。
みな目が血走っている。
飛行機の中で「寿司が食いたい」と、うわ言のように繰り返していた関西人の末路は
リハーサルを後回しで寿司を食うという傍若無人な行動に落ち着いた。

「寿司を食わねば死ぬ」みたいな強迫観念でもあるのか。
しかし、北海道の寿司は本当に旨いから困りものだ。
そしてたらふく寿司を食ったかと思えば、次は打ち上げでジンギスカン食い放題。
T BOLANの大合唱の傍ら、ラム肉に顔を突っ込み気絶している者もいる。
ライブ遠征のはずが、いつもこうしてカロリーオーバー行脚の如く胃袋を酷使するのだった。

札幌の若葉は5~6年前に沖縄で初めて出会い、すぐさま意気投合した。
それからは毎年のように札幌に呼んでくれている。
本当にありがたいことだ。

 

大阪からは古い仲のモヒカンファミリーズ。

近頃はめっきりご無沙汰だったのに札幌で共演とは面白い。

ピンチオブスナッフは何年ぶりだろうか。

ベースのささやんは8年ほど前からの付き合いになる。

ボーカルのタイガーくんは会うたび旅の話をしている。

ホイッスルのまっつんは今度釣りに行く約束をした。

そして毎度共演のブリ、オイバルカンズ、ベンベ。

DJは腐れ縁フーミン、ディスカバーズのカマさん、エム―ルの筧さん。

毎回遊びに来てくれるお客さん。

サポミのソウタも久しぶりに会えた。

遠く離れた北海道のはずが、まるで地元にいるような感覚である。

DJで来ていたフーミンが、結婚を機に故郷である富良野へ移住したようだった。
はっきりいって羨ましい。
北海道の大自然の中で、自由奔放に釣りをしたりキャンプをしたりして暮らしたい。
いつでも気軽にバックカントリーでスノーボードをしたい。
ファーガソンのオールドトラクターにまたがり、広大な畑を移動したい。
開放的な国道をのんびりツーリングしたい。
それらは私が随分前から思い描いている将来図である。
ジジイになったらいつか実現させたいと願っていた小さな夢が
フーミンの富良野プレゼンのせいで若くして一気に大きく膨らんでしまった。
とりあえず、一度遊びに富良野へ行くとしよう。

とにかく言えることは、やはり北海道はいつ行っても楽しく、人も温かい。
あれは何故なんだろうか。
もともとは移住民が集まり発展した土地ゆえに、みな道外の人間にも分け隔てなく優しいと聞いたことはある。
真相は分からないが、また早く戻ってきたいと思わせてくれる何かが北海道にはあることは間違いない。

北国の巻

2017年05月24日

バンドとしては4度目の札幌。
ハコに着くなり、荷物を降ろして寿司屋へ走る。
みな目が血走っている。
飛行機の中で「寿司が食いたい」と、うわ言のように繰り返していた関西人の末路は
リハーサルを後回しで寿司を食うという傍若無人な行動に落ち着いた。

「寿司を食わねば死ぬ」みたいな強迫観念でもあるのか。
しかし、北海道の寿司は本当に旨いから困りものだ。
そしてたらふく寿司を食ったかと思えば、次は打ち上げでジンギスカン食い放題。
T BOLANの大合唱の傍ら、ラム肉に顔を突っ込み気絶している者もいる。
ライブ遠征のはずが、いつもこうしてカロリーオーバー行脚の如く胃袋を酷使するのだった。
札幌の若葉は5~6年前に沖縄で初めて出会い、すぐさま意気投合した。
それからは毎年のように札幌に呼んでくれている。
本当にありがたいことだ。

 

大阪からは古い仲のモヒカンファミリーズ。

近頃はめっきりご無沙汰だったのに札幌で共演とは面白い。

ピンチオブスナッフは何年ぶりだろうか。

ベースのささやんは8年ほど前からの付き合いになる。

ボーカルのタイガーくんは会うたび旅の話をしている。

ホイッスルのまっつんは今度釣りに行く約束をした。

そして毎度共演のブリ、オイバルカンズ、ベンベ。

DJは腐れ縁フーミン、ディスカバーズのカマさん、エム―ルの筧さん。

毎回遊びに来てくれるお客さん。

サポミのソウタも久しぶりに会えた。

遠く離れた北海道のはずが、まるで地元にいるような感覚である。

DJで来ていたフーミンが、結婚を機に故郷である富良野へ移住したようだった。
はっきりいって羨ましい。
北海道の大自然の中で、自由奔放に釣りをしたりキャンプをしたりして暮らしたい。
いつでも気軽にバックカントリーでスノーボードをしたい。
ファーガソンのオールドトラクターにまたがり、広大な畑を移動したい。
開放的な国道をのんびりツーリングしたい。
それらは私が随分前から思い描いている将来図である。
ジジイになったらいつか実現させたいと願っていた小さな夢が
フーミンの富良野プレゼンのせいで若くして一気に大きく膨らんでしまった。
とりあえず、一度遊びに富良野へ行くとしよう。
とにかく言えることは、やはり北海道はいつ行っても楽しく、人も温かい。
あれは何故なんだろうか。
もともとは移住民が集まり発展した土地ゆえに、みな道外の人間にも分け隔てなく優しいと聞いたことはある。
真相は分からないが、また早く戻ってきたいと思わせてくれる何かが北海道にはあることは間違いない。

 
1 2 3 4 5 6 73