JUG A BILLY CATS

ABOUT

バンドについて

説得力のないコラムの巻

2019年12月16日

ずいぶんご無沙汰ではあるが、ふと自責の念にかられ筆を執った次第である。
このコラムを書き始めて早7年。
まるで教養のない私が、まさか7年間も物を書くとは夢にも思わなかったが、
それが途切れてしまう妙な侘しさが頭の片隅にあるものだから、いつしか変な習慣のようになってしまった。
1年もサボるとさすがに言い訳もできんが、忙しかったとだけ言わせていただきたい。

 

さて、もうずいぶんと年も暮れて、街は年末の装いに勤んでいる。
その物悲しさに、人もどこか滅入ったように静かな日々を送っている様子だ。
年が明けたとて何かが変わるわけでもないのだが、ふと1年間の自身の行いを鑑みて、
「来年はもっといい年にしよう」なんて決まり文句を吐くのである。
何をもってして「去年よりもいい年」になるのか分からんが、
私は例年通り「やりたいことをやる」という生き方を継続してゆく他ない。
無論、やりたいことをやるには、やりたくないこともやらなければならん。
朴実に生きて救われるわけでもない。
堅苦しく考えず、好きなことを楽しむことこそが充実した人生だと私は信じている。
おかげで金も人望も底をつきそうだが、まぁ自分で蒔いた種だ。
日々笑えているのだから、不幸ではないのだと自分に言い聞かせている。

 

はっきり言って人の意見なんてものは何もアテにならない。
戯言だと思ってよい。そんなものは掃いて捨てるほどに溢れている。
人の意見をよく信じる人間ほど、失敗した時に人のせいにするのが通例だ。
やりたいことをやり、失敗したら自分のせい。
わかりやすい生き方でいいのだ。
それで言うと、このコラムだって何の説得力もないので悪しからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です