JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

北国の巻

2017年05月24日

バンドとしては4度目の札幌。
ハコに着くなり、荷物を降ろして寿司屋へ走る。
みな目が血走っている。
飛行機の中で「寿司が食いたい」と、うわ言のように繰り返していた関西人の末路は
リハーサルを後回しで寿司を食うという傍若無人な行動に落ち着いた。

「寿司を食わねば死ぬ」みたいな強迫観念でもあるのか。
しかし、北海道の寿司は本当に旨いから困りものだ。
そしてたらふく寿司を食ったかと思えば、次は打ち上げでジンギスカン食い放題。
T BOLANの大合唱の傍ら、ラム肉に顔を突っ込み気絶している者もいる。
ライブ遠征のはずが、いつもこうしてカロリーオーバー行脚の如く胃袋を酷使するのだった。

札幌の若葉は5~6年前に沖縄で初めて出会い、すぐさま意気投合した。
それからは毎年のように札幌に呼んでくれている。
本当にありがたいことだ。

 

大阪からは古い仲のモヒカンファミリーズ。

近頃はめっきりご無沙汰だったのに札幌で共演とは面白い。

ピンチオブスナッフは何年ぶりだろうか。

ベースのささやんは8年ほど前からの付き合いになる。

ボーカルのタイガーくんは会うたび旅の話をしている。

ホイッスルのまっつんは今度釣りに行く約束をした。

そして毎度共演のブリ、オイバルカンズ、ベンベ。

DJは腐れ縁フーミン、ディスカバーズのカマさん、エム―ルの筧さん。

毎回遊びに来てくれるお客さん。

サポミのソウタも久しぶりに会えた。

遠く離れた北海道のはずが、まるで地元にいるような感覚である。

DJで来ていたフーミンが、結婚を機に故郷である富良野へ移住したようだった。
はっきりいって羨ましい。
北海道の大自然の中で、自由奔放に釣りをしたりキャンプをしたりして暮らしたい。
いつでも気軽にバックカントリーでスノーボードをしたい。
ファーガソンのオールドトラクターにまたがり、広大な畑を移動したい。
開放的な国道をのんびりツーリングしたい。
それらは私が随分前から思い描いている将来図である。
ジジイになったらいつか実現させたいと願っていた小さな夢が
フーミンの富良野プレゼンのせいで若くして一気に大きく膨らんでしまった。
とりあえず、一度遊びに富良野へ行くとしよう。

とにかく言えることは、やはり北海道はいつ行っても楽しく、人も温かい。
あれは何故なんだろうか。
もともとは移住民が集まり発展した土地ゆえに、みな道外の人間にも分け隔てなく優しいと聞いたことはある。
真相は分からないが、また早く戻ってきたいと思わせてくれる何かが北海道にはあることは間違いない。

北国の巻

2017年05月24日

バンドとしては4度目の札幌。
ハコに着くなり、荷物を降ろして寿司屋へ走る。
みな目が血走っている。
飛行機の中で「寿司が食いたい」と、うわ言のように繰り返していた関西人の末路は
リハーサルを後回しで寿司を食うという傍若無人な行動に落ち着いた。

「寿司を食わねば死ぬ」みたいな強迫観念でもあるのか。
しかし、北海道の寿司は本当に旨いから困りものだ。
そしてたらふく寿司を食ったかと思えば、次は打ち上げでジンギスカン食い放題。
T BOLANの大合唱の傍ら、ラム肉に顔を突っ込み気絶している者もいる。
ライブ遠征のはずが、いつもこうしてカロリーオーバー行脚の如く胃袋を酷使するのだった。
札幌の若葉は5~6年前に沖縄で初めて出会い、すぐさま意気投合した。
それからは毎年のように札幌に呼んでくれている。
本当にありがたいことだ。

 

大阪からは古い仲のモヒカンファミリーズ。

近頃はめっきりご無沙汰だったのに札幌で共演とは面白い。

ピンチオブスナッフは何年ぶりだろうか。

ベースのささやんは8年ほど前からの付き合いになる。

ボーカルのタイガーくんは会うたび旅の話をしている。

ホイッスルのまっつんは今度釣りに行く約束をした。

そして毎度共演のブリ、オイバルカンズ、ベンベ。

DJは腐れ縁フーミン、ディスカバーズのカマさん、エム―ルの筧さん。

毎回遊びに来てくれるお客さん。

サポミのソウタも久しぶりに会えた。

遠く離れた北海道のはずが、まるで地元にいるような感覚である。

DJで来ていたフーミンが、結婚を機に故郷である富良野へ移住したようだった。
はっきりいって羨ましい。
北海道の大自然の中で、自由奔放に釣りをしたりキャンプをしたりして暮らしたい。
いつでも気軽にバックカントリーでスノーボードをしたい。
ファーガソンのオールドトラクターにまたがり、広大な畑を移動したい。
開放的な国道をのんびりツーリングしたい。
それらは私が随分前から思い描いている将来図である。
ジジイになったらいつか実現させたいと願っていた小さな夢が
フーミンの富良野プレゼンのせいで若くして一気に大きく膨らんでしまった。
とりあえず、一度遊びに富良野へ行くとしよう。
とにかく言えることは、やはり北海道はいつ行っても楽しく、人も温かい。
あれは何故なんだろうか。
もともとは移住民が集まり発展した土地ゆえに、みな道外の人間にも分け隔てなく優しいと聞いたことはある。
真相は分からないが、また早く戻ってきたいと思わせてくれる何かが北海道にはあることは間違いない。