JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

装いの巻

2015年10月24日

今年も金木犀の甘く優雅な香りが漂い始めた。
かつては、その秋の訪れに伴い、浮ついた心持ちを持ったものだが
今ではどこか妙に心苦しく、言いようのない喪失感まで感じるようになった。
歳を重ねたところで何も変わりゃしないと思ってはいても
やはり重ねた分だけ遠退いてゆく何かがあるのだろう。
別段、神妙になっているわけではない。
色々と考える年頃というやつだ。
何でもない小説の一文に、ほろほろと涙を零してしまったり。
何でもない言葉の一脈に、おろおろとたじろいでしまったり。
まるで思春期の乙女のごとく、感受性の高ぶりを感じている。

風化の巻

2015年10月11日

5年ほど住んだ今の家から引っ越すことにした。
窓際のチェストの木目が随分と陽に焼けている。
置きっぱなしだった雑誌の山をどけてみると
まだここに来たばかりの頃の、濃いニスの色が残っていた。
ついこの間引っ越してきたような気がする。
しかし、こうして確かに時間は流れているのだ。
そして、これからも同じように流れてゆく。
妙な虚無感が全身を走っていくのを感じた。
このチェストのように、誰もが抗うことのできない現実と対面している。
みな気にかけぬよう過ごしてはいても
ほんの些細な物事が、とてつもなく大きな虚しさを連れてくることだってある。
時間の流れと いうのは残酷なものだ。
この窓から見える景色も、匂いも、もう暫くすればお別れなのだと思うと感慨深い。