JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

清涼の巻

2015年09月14日

穏やかに流れる雲の向こうで
秋麗な空が広がっている。
落日ともなればそれは
熟れた無花果の果肉のように生々しく紅い。
生命の息吹、大地の鼓動。
美しく燃え上がる。

幽暗の巻

2015年09月09日

ふと目を覚まして
窓の向こうが薄暗くあったときなんかは
えも言われぬ感情に苛まれるものだ。
それが白み始めた朝であっても
暮れ始めた夕刻であっても
妙な寂しさが胸を埋め尽くしてゆく。
その鈍重な暗がりに怯えるようにまた静かに目を瞑ると
今度は朗らかな安堵感が私を包んでゆく。
そういう瞬間にこそ、小さな幸せなんてものを垣間見たりする。

明暗の巻

2015年09月03日

夕涼みの、ほんの僅かな明暗の中で
残暑の匂いが行き場なくわだかまる。
進むことも退くことも恐れているように
それはただその場で悶々と夜風を待っているのだ。
夜風にさらわれてしまえば、何の気概も持たずフッと消え去れることが出きる。
誰の目にも留まらず、誰の記憶にも残らず
まるでそこには何もなかったかのようにゼロになれる。
人生は風雲の如し。