JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

夏の午後の巻

2015年08月05日

空蝉が夏の盛りに虚しく佇んでいる。
鈍く光る唐木色のそれは、もはや命の火を落とし呆然と大界を仰いでいる。
季節はずれの藤が頭を垂れて、その藤波の軽快な彩りが
俗世間の喧騒も、下らぬ世迷い事もすべて押し流すようにある。
君がため 尽くす心は 水の泡 消えにし後は 澄みわたる空