JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

平等の巻

2015年05月09日

佞姦な狸爺の戯言が喧しい。
国家の殷富とやらは一体何なのだ。
貧富の差を無くす?
どうやって?
産業革命でも起こすか?
私は元来より平等というものを今一つ理解できていない。
平等性なんて「いつか死ぬ」この一つでよいではないかと。
やる奴はやるし、やらん奴はやらん。
わざわざ「やらん奴」を「やる奴」に仕立て上げる茶番は不要。

奈落の巻

2015年05月09日

目指す先は奈落の明るみ。
泥濘に潜む、日本刀の切っ先のような閃光。
価値とは高みにだけあるものではなく
深い深い闇の底にも存在する。
みなが光り輝く栄光を掴まんとしている中で
とことん蔑まされ、這い 蹲り、土まみれの小さな栄光の欠片を探している。
そんな未知なる光を宿した欠片にこそ
全精力を注ぐ価値があるのではないかと思っている。
価値とは結果ではなく、道筋にある。