JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

種の巻

2015年04月26日

『キッズ・アー・オールライト』
The Whoの名曲を一番に思い浮かべるが、今回は映画の話。
近頃増して多忙だが、出来るだけ時間を見つけて映画は観ている。
つい最近観た映画が、この『キッズ・アー・オールライト』
同じ精子提供者から提供を受けたレズビアン夫婦の子供たちが
「父親の存在」を意識し始め、父である精子提供者本人へ連絡を試みたところ
その本当の父の存在が
平穏だった家族に波を立たせることになっていくという話。
後先考えず好きなことばかりやってきた私にとって
恐らくこの先結婚という一大イベントには参加できそうにない。
まったくもってできる気がしない。
そんな私にとって『精子提供』というのはなかなか興味深い話である。
このまま湯水のごとく垂れ流すぐらいであれば
こんな不純なDNAの塊であったとしても提供してみる価値はある。
多少は世のためになるのではないか。
あいにく小難しい宗教理念は持ち合わせていないし
生命に対する倫理なんて分かりゃしない。
そりゃあ、愛し合った男女がセックスする方が倫理的なのだろうが
それができない夫婦がいることも事実である。
精子提供によって生まれた人物は
提供者の所在を知る権利があるという。
そして精子バンク側も依頼があればそれらを公開する義務があるのだとか。
先述した映画のあらすじにもあるように
提供された側の子供が父親に会ってみたいと望んだ場合
そして実際に会った場合、少なからず相手側家族の人生に影響を与えることは確かだろう。
それがもしこんな刺青だらけの遊び人だったら
向こうの親はさぞ心配なさることだろう。
えらいもんの血を引いてしまったと嘆くに違いない。
何より、いざ精子ドナーとなったとしても、その後何があるか分からない。
万が一結婚できて子供が生まれたとしたら
私は過去に精子提供をしたことがあると告げるべきか。
隠したとしても、もし相手が会いたいと言ってきたら?
一度会って愛情が沸いてしまったら?
うむ、実に難しい問題だ。
安易に決めるべきではない。
が、大変興味はある。
このまま子孫を残さずくたばるよりは
せめてこの血を後世に残すだけでも意味はありそうである。