JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

​沈深の巻

2015年02月18日

沈深な冬の夜。
今にも割れてしまいそうなほど、きりりと冷えきっている。
こんな夜は狂妄に駆られるのだ。
壊してはいけないものを壊したくなるような
背徳感がずっとずっと後ろをついてきている感覚。
昔からそうだ。
もしや犯罪者予備軍か?
もっと解放してやらねば。
色々と。