JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

健康の巻

2014年10月07日

まるで自慢にはならないが
真っ当な社会人生活など送ったことのない私は
これまでに健康診断というものを受けたことがない。
まぁあいにく、こうして毎日ピンピンと健康に生きてはいるが
3人に1人がガンで死んでいるこのご時勢。
私のような徳のない人間は真っ先にその3分の1に加えられるのが世の道理だろう。
世間に何ら貢献を持たない木偶の坊である。
こんな役立たずが、のこのこと生き長らえては
世のため人のために尽くしている善人の皆様に申し訳が立たない。
これが本心だ。
しかしながら、私もまだまだ青二才とは言え健康を考える年齢でもある。
健康志向のバンドマンだなんて聞いて呆れるが
その健康がなければバンドすらできないのだと考えると
我々のような不摂生なバンドマンこそ
尚更に自分の健康状態を意識するべきではないかと思うのである。
自虐もここまでくると聊か甚だしさはあるが
こんなにも取り柄のない馬鹿息子が今後できる親孝行といえば
『健康に楽しく生きる』ことぐらいだ。
医者や弁護士になってエリート人生を送れるわけでもなく
世界を駆け巡るロックスターになれるわけでもない。
このままでは結婚すら危ういかもしれない。
どうせなら死ぬまで好き勝手に生きてやろうじゃないかと。
老後の貯えどころか、日銭を追いかけている日々だ。
健康を害して入院でもした日には、それこそ親に借金などしなければならぬ。
万が一親よりも先立ってしまうようなことがあれば尚更だ。
それほど親不孝があるだろうか。
だったら自分ができることは知れている。
たまには健康診断に行って、この暗澹たる不安を根底から解消することだ。
気づけば末期で余命数ヶ月なんてことにならぬためにも
やはりこの重い腰を起こしてやらねば。
誰か一緒に行こう。