JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

航海の巻

2014年08月06日

肉袒をなぞるように夏の短さを確かめる。
このしつこく焼けるようなアスファルトも、もう暫くすると冬の静寂に沈んでいくのだと思うと
去っていく背中を見送るような、何とも言えない寂しさを覚える。
目に見えぬ緩慢な移ろい。
その緩慢に甘えれば、逡巡はいつしか怠慢へと変わり、老い耄れる。
航海は始まったばかり。
まだ見ぬ大地を目指して舵をとろう。