JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

お知らせの巻

2014年08月01日

私事で恐縮ではあるが、この度お店をオープンさせて頂くことになった。
場所は大阪市の緑橋。
何のお店かというと『よろずや』というのが的確だろうか。
飲み屋、雑貨屋、服屋、溜まり場、暇つぶし、休憩所、雨宿りなどなど。
これといったカテゴリーもなく、ノリと勢いだけで開業してしまった次第である。
世間一般から見れば、好きなように生きてきた方だろう。
何かを我慢して社会に服従してきたわけでもない。
それでもまだ悶々と煮え切らない想いを抱えていたのは事実だ。
元来より自分の店を構えて仕事がしたいと願っていた。
与えられた仕事より、自ら仕事を作り出したかった。
売れれば食えるし、売れなければ食えない。
そういう単純で分かりやすい生き方に興味があった。
しかし、大人になるにつれて現状の安定した生活に依存し
わざわざそれらを一切合財捨ててまで本当にやりたいのか?と自問自答する日々が続いた。
『別にこのままの生活でいいか』
『今のままでも十分に楽しいじゃないか』
そうやって無理やり軌道修正しながら過ごしていた。
それがやはりいつまでも納得できないでいた。
御託を並べて、ただ挑戦することをやめていただけだ。
失敗することを恐れていただけだった。
ある日、ふと突然に気持ちが切り替わる瞬間があった。
失敗することよりも、このまま何もせずに生きていく方が人生にとって大きな損失ではないか。
むしろ『別に失敗したっていいか』なんて開き直ったような気楽ささえあった。
新規事業の際、よく失敗失敗というが、所詮は金の問題である。
金なんて一生懸命働けばまた手に入るわけで、夢の実現を邪魔する要因ではないことに気づいた。
世の中には無駄金という言葉があるが、要はその金で何を買ったかというのが重要だ。
物ばかりが対価ではない。
私は今回の開業で、とても大切な経験・価値を買えたと思っている。
もうこれだけですでに大儲けだ。
まぁ正直なところ、精神的には相当参っていたのは自分でも分かっている。
金は湯水のごとく飛んでいき、思い通りにならない現実が圧し掛かる。
毎日眠れず、このままじゃ気が狂うんじゃないかと思った。
しかし『何をこんなに悩んでるんだ』と笑ってしまえば何でもなかった。
8月3日オープン。
これといって告知もしておらず、しばらくは自分のペースでやっていこうという感じだ。
営業時間も今後やりながら変更していく予定。
商品もまだまだ中途半端だが、お酒はあるので気軽に遊びに来て頂きたい。
それでは今後も何卒ご贔屓にどうぞ。
Chatora
http://chatora-clothing.com
大阪市東成区中本1丁目10-24
営業時間:12時~21時ぐらい(適当)
水曜定休