JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

知識の巻

2014年05月10日

Googleマップのストリートビューは実に素晴らしい。
最初は大都市の一部しかデータがなく、画質も荒かったが
いつしか私の生まれ育った田舎町でさえもこのストリートビューが網羅され
ネットサーフィンならぬネットドライブを楽しんでいる次第だ。
何とも便利な時代になったものである。
しかし、それは大人になった今だからこそ、そう思えるのかもしれない。
地図少年(そんな言葉あるのか知らないが)だった私は
暇さえあれば机いっぱいに世界地図を広げ、時間の経つのも忘れて眺めていた。
地図上の名前も分からぬ異国に憧憬の念を抱いて
いつか実際に自分の足で訪れ、自分の目で見たいという想いが強くあったものだ。
そこには大きな空想が広がっていて、目に見えぬからこその冒険心があった。
正直、子供のころにインターネットがなくて本当によかったと心底思っている。
キーワードを入れればすぐに答えが分かってしまうような代物は危険だ。
そんなものはたちまち子供たちの好奇心を奪い去ってしまって
面白味のない冷めきった人生を与えてしまう。
『大きな知識』というのは夢を凌駕し、阻害してしまうのだ。
大人にとってはこの上なく便利なものだが
やはり子どもたちには大きな夢を持って生きてもらいたいものだ。
未だ見たことないものを追い求めるロマン。
それがなければきっと人生は退屈だろう。
私自身、随分とコンピューターにはお世話になっているが
たまには自分の目で見て確かめるということもしなければならい。