JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

情緒の巻

2014年03月13日

狭窄した都会の空を見上げるたびに郷愁がザワザワと胸の中で騒ぐ。
刑務所の中から見る外の景色もこんな感じなのだろうかとふと考える。
時計の針は何だか私を急かすようでいて
どこか浮き足立っては目を伏せ、遠くの故郷に想いを馳せる。
在り来たりな感情や、思いもよらぬ激情。
この歳になって、日々変化する心情を楽しむ余裕が出てきた気がする。
情緒不安定という言葉をよく耳にする時代だが
言い換えれば自分の心情に素直に身を委ねている状態だと言える。
大人はみな理性というよく分からない理屈で感情を押し殺して過ごしている。
感情を無理に安定させても余計にしんどいだけだ。
大人だからと我慢するばかりではなく
たまには思いっきり開放してやるのもよい。
ストレス発散なんて簡単なことだ。
自分の感情に素直に向き合ってやればいい。
自分の心の声に耳を貸してやればいい。
変に大人ぶらずに、もっと感情を表に出してもいいではないか。
世間一般ではそれらを『大人げない』と呼ぶが
たまには大人げなくてもよしとしよう。