JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

裏方の巻

2014年03月02日

『君は裏方タイプやで』
随分と昔に言われたことだが、それが私の考え方を変えたと言っても過言ではない。
私はてっきり自分のことを表舞台向きの人間だと思い込んでいた。
ところが自身の性分をしっかりと見つめ直したとき
自分はどう考えても裏方タイプだと実感したのだった。
表立って色々とやるよりも、裏で全体を操る方が向いている。
良いように言えば、役者よりもプロデューサーといったところか。
全体を統括するほどの度量があるのかと言えばそうでもないが
人の前に立ち何か感動を与えられるようなタイプではない。
バンドマンがそんなことを言うと語弊が生まれそうだが
どちらが合っているかといえば、やはり私自身は裏方が合っていると言わざるを得 ない。
世の中、どうしたって裏方は日の目を見ないものだ。
どれほど成功を収めたとしても大きな脚光を浴びることもなく
美味しいところを持っていくのはいつだって表で働く人間である。
ところが、裏方の人間というのは名誉や脚光などは求めていなかったりする。
寧ろ、そういった社会的評価に興味がないから裏方に徹していられるのだろう。
確かに大きな脚光を浴びることはないが、どこか見えないところで
『あの人、実はすごいんだぜ』なんて噂をされるとニヤリとほくそ笑んでしまうものである。
『多くは語らない』
表であれ裏であれ、そういう男でありたいものだ。
ベラベラと御託を並べてみても何ら得はしない。