JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

半月の巻

2014年01月17日

新年がスタートして半月が過ぎ去ってしまった。
正月など、もはや背中すら見えない。
おいおい飛ばしすぎじゃないかと心配になりつつも
時間に置き去りにされぬよう、しっかり地に足つけて意気込んでいきたい所存である。
今年は私にとって、年齢的にも区切りの年となる。
これを機に、少しばかり色んな方向に手を伸ばしてみようかと。
そんなこと言いながら結局何もできずに
『この口だけヤロー』と馬鹿にされる可能性も多いにあるが
とりあえずは社会の鎖をぶった切ってやろうと企んでいる。
その鎖はしがらみでもあり、安全装置でもある。
自由を得るか、安泰を得るか。
こういった決断に迫られた時の、脳みそがピリピリとする感覚が好きだ。
結局、一般人として社会に溶け込んで生きていけるような人間ではない。
悩んでも無駄か。
どうやら道は一つしかないようだ。