JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

蛙の巻

2014年01月13日

『一日一杯のコーヒーは抗ガン作用がある』という記事があれば
『一日一杯のコーヒーが発ガン率を高める』という記事もある。
このような、正反対の情報が蔓延っているのはなぜなのか。
もう何が真実で何がデタラメなのか、本当に分からない時代である。
情報が有りすぎるというのも困ったものだ。
『無知は幸せだ』とよく言うが
確かに本当に幸せを望むなら、何も見ず、何も知らず、何も触れずに生きるしかない。
いっそのことアマゾン流域の未開拓部族のように文明を捨て去ってしまえば
世情に不安を覚える必要も、他人の不幸を哀れむ必要もないのだ。
山の向こうの景色さえ見ることなく死んでいくことに彼れは何の悔いもないだろう。
そう考えると、一度でも恵みを知ってしまった文明人が
いきなり文明を捨てたところで幸せになどなれやしないか。
井の中の蛙は、井の中の世界しか知らない。
井の外を知る蛙が井の中に落ちて井の中で一生を過ごすとなれば
それは『不幸』とか『可哀想』と呼べるのかもしれないが
井の中で生まれ井の中しか知らない蛙が井の中で一生を過ごすことは
これは寧ろ『幸せ』であるといえるのかもしれない。
人生のロジックというのは面白くできているものだ。