JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

驚きの巻

2013年12月05日

もう12月だということに驚きを隠せずに
だからといって何一つ焦ることもなく
ただただ目の前の時間の波をかき分けて恪勤をこなしている。
努力というのは難しいものだ。
努力が認められない時というのは、何だか言いようのない虚無感に苛まれるし
かといって自分で『努力してます』なんて言ってしまった日には全てが台無しだ。
やはり謙虚さというのは大事である。
能ある鷹は爪を隠し、実った稲穂は頭を垂れる。
傲慢にならず、じっと人の見えないところで頑張っていれば
間違いなくその努力は報われるのだろう。
しかし、それが難しいったらありゃしない。
誰だって人に見て欲しく、認めてもらいたくて努力をするわけだ。
特に私のように褒められて伸びるタイプの人間はすぐ自慢したがる上に
認められなければ拗けてすぐにそっぽ向いてしまうという面倒くさい性格なのである。
謙虚に生きる・・・か。
まだまだ私のような青二才には難しい生き様ではあるが
出来る限り目に見えぬ場所で努力を続けていきたい所存である。