JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

安逸の巻

2013年10月30日

安佚を貪る。
悠々自適、自由気ままに過ごすという意味だ。
日常から少し遠ざかった空間に暫く浸っていると
それが夢心地のように感じて、いざ日常に戻る瞬間に強い気だるさが伸し掛かる。
義務から解き放たれて、安佚に更け込んでいる間というのは
もう何もかもがどうでもよくなってしまって
いっそのこと日常でさえ擲ってしまおうかと躍起になることもしばしばである。
ところが、実際にすべてを擲って非日常の世界へ足を踏み入れたとしても
いつしかそれが日常と成り果てて、また新たな非日常を求めるようになる。
人生はパラドックスに溢れている。
非日常は非日常だからこそ魅力があるのだろう。
それらが日常になってしまわぬよう、一歩引いて楽し むことが
まさに『安佚を貪る』という人生に相応しい。