JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

冬の業の巻

2013年10月25日

今年はというと、ほとんどバイクには乗らず了いであった。
自賠責だって更新したばかりだというのに、恐らく来年の春先まで乗ることはないだろう。
シートを被ったままのバイクがどこか寂しそうで堪らない。
冬でもちゃんとエンジンをかけて乗ってやるのが真のバイカーなのだろうが
あいにく真冬にバイクに乗れるほど強い心は持ち合わせていない。
しかし真冬であっても、彼女を後ろに乗せて颯爽と走っている人をよく見かける。
本人は『バイクに乗ってる俺かっこいいぜ!』と気取っているのだろうが
彼女は『こいつアホちゃうか!』と憤慨しているに決まっている。
猛吹雪に耐える南極観測隊のように、彼氏の後ろでガタガタと震えている彼女さんを見ると
ただ ただ『可哀想だなぁ』と同情せざるを得ないものだ。
そういえば、タイのトゥクトゥクを輸入してやろうと企んでいた時期があった。
トゥクトゥクとは三輪タクシーのことで、タイに行けば街中を爆音で走り回っている。
日本ではもうすっかり姿を消した2ストエンジンで
排ガスを撒き散らし、尚且つ喧しいというエコロジーなどまるで無視した乗り物だ。
環境保護団体に見つかれば石を投げられてもおかしくない、まさに東南アジアの産物である。
日本でも十数人は所有者がいるようだが、大阪じゃほぼ見かけたことがない。
これに乗って御堂筋を突っ走るのが夢なのだ。