JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

知識の巻

2013年10月17日

毎度のことながら、私のような若造がまるで世間を知った風に物を言うのは
何とも気が引けるというか、おこがましい気分でいっぱいだ。
いくら文面だとはいえ、西日本一腰の低いバンドマンを自称する私としては胸が痛む。
ところが、世の中には『我こそ全能の神だ』とばかりに
僅かばかりの知識をひけらかして人生の先輩を語る曲者がいるから困ったものである。
持ち得る全知すべてをひねり出して言われたことが
『そんなん小学生でも知っとるがな!』という雑学だった場合の対応方法は案外難しい。
相手の顔に泥を塗るわけにもいかず、かといって
『おぉー、初めて知りました!さすが先輩っす!』と下手に出れば
公衆の面前で無知を晒すようなもので腑に落ちない。
世の中には『下克上じゃあ!』と先輩だろうが関係なくブッ込んでいく強者もいれば
私のように自分よりも相手方の体裁を気にしてしまう気弱なタイプもいる。
世の中というのは巧く動いているものだと感心する次第だ。