JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

残暑の巻

2013年10月10日

10月も中旬だというのに、日本各地で夏日和。
私を取り巻いていた哀愁とやらもどこかへ消え去ってしまった。
秋の夜長に耽け込むために『秋の夜長グッズ』を揃えていたのに、これじゃ暫くお預けか。
街はもうハロウィンの準備や何やで慌ただしそうでいる。
先週もアメリカ村でゾンビの集団に襲われたばかりだ。
まったく、外国人はどうも気が早い。
ハロウィン中にゾンビに襲われるのは仕方がない。
そりゃ、一つのセオリーなのだから。
しかしそれはハロウィンという大義名分があるから見ず知らずの他人にイタズラが出来るわけで
ただの平日に他人にイタズラをするのは、それはただのイタズラでしかないのだ。
節分の日でもないのにいきなり他人に豆を叩きつけるやつはいないだろう?
ゾンビに突如襲われるなんて、ちょっとした猟奇的事件である。
ハロウィンなど知らない爺さん婆さんならポックリ逝きかねないし
子供が驚いて転んで怪我でもした日には
『うちの子に何するザマス!訴えるザマス!』なんてことになりかねない。
だがしかし、本当に面白いことをするなら徹底的にやる他ない。
いちいち背徳感など感じていては、ブッ飛んだことなどできないのも確かだ。
いつか盛大なドッキリでもやらかしてやるか。くくく。