JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

抜け殻の行方の巻

2013年09月26日

セミの抜け殻は一体どこに消えるのだろうと、ふと考える。
近所の桜の木にも夏になるとたくさんの抜け殻がぶら下がっているが
夏が終わり秋も深まる頃には、それらはもう跡形もなく姿を消しているのである。

鳥が食っているのだろうか。
それともただ風に飛ばされただけなのだろうか。

訊くところによれば、セミの抜け殻は漢方薬として使えるそうだ。
まさか夜な夜な近所のババアが抜け殻をかき集めて
家で煎じて飲んでいるなんてことはあるまい。
そんな効能の程も疑わしい漢方なんて余計に体を壊しそうだ。

となると、やはり『鳥が食っている説』が有力か。
あいにくGoogle先生でも確かな情報は転がっていなかった。
気になって今夜も眠れない。
誰か教えておくれやす。