JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

オータムの巻

2013年09月19日

初秋の夜に浮かぶ満月は、ロウソクのようにぼんやりと仄めいている。
意味も持たず流れる川のように、意味も持たず佇む山のように
それはひっそりと、また堂々と姿を留めている。

そうだ。
もうこれは秋なのだ。
オータムインオオサカってやつだ。

秋の似合わぬ街ではあるが、しみったれた空はいつもと変わらず私を睨みつける。
笑えない冗談や余所余所しい人情に疲れ果てて
自宅に引きこもりコーヒーをすすり小説をめくる。
近所の公園へ繰り出せば、哀愁の風に追いやられ踵を返す。

独り身の夜は長く、それがいつしか心地よくなってしまった。
これじゃ結婚なんて死ぬまで無縁だな。
うーむ。