JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

描写の巻

2013年08月22日

『はだしのゲン』を学校に置くべきかどうか。
随分昔にも話題になった覚えがあるが、近頃またネット上で取り沙汰されている。

『暴力的、残虐的な描写が子供に悪影響』というのが議論の主だとされているが
それ以前に作者の少しばかり偏った思想の描写を問題視する必要がある。

基本的に右派や左派を取り上げて否定するなんて野暮なことはしないが
やはり偏った思想というのは教育現場において相応しくないはずだ。

戦争の悲惨さを伝えるのは大切なことだが
わざわざ子供が読む漫画の中で天皇批判や歴史の捏造をやる必要があるだろうか。
そういうのは某新聞社さんに任せておけばよい。

子どもたちには真っ直ぐ育って欲しいものである。