JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

矢の巻

2013年07月05日

光陰矢の如し。
今年もあっという間に半分が過ぎ去ってしまった。

有難いことに、我々人間というのは
病気もなく事故もなく平安に生きれば80年、90年生きられる。
セミやカブトムシのそれと比べれば、えらく長い一生だ。

いつか朽ち果てると知りながら気高く生きるのは非常に難しい。
気を抜くとすぐに楽をしたがるし、人が見てなければ無様を晒してばかりだ。
寧ろ、短い寿命だと分かっていれば本気で生きられるのだろうか。

足元の虫一匹でさえ魂を燃やして生きてやがる。
うぐぐ、負けてられないぞ、人間たち。