JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

夢の巻

2013年04月12日

『夢の内容解読に成功』
先日、そのような記事がニュースのトップを飾っていた。
誰の得にもならない、いや寧ろ多面的な問題を引き起こすだけの研究結果だとしか思えない。
精神疾患の診断、心理状態の可視化。
それが学者たちの言い分だそうだが、夢の中まで覗かれたらたまったもんじゃない。

深層心理なんてもんは本来、見てはいけないものである。
それこそ夢ってのは深層心理の象徴であって
古来より神秘に満ち溢れたロマンなのだ。

それを科学の力で覗き見するなんてけしからん。
ミッキーマウスの中の人を引っ張り出すようなものだ。

何でもかんでも解明すりゃいいってもんじゃないだろう。
たとえそれが文明の進歩に加担するのだとしても。
この世 の全てが白昼に照らし出されたら
なんの面白みもない世界になってしまう。

かつて、地球が丸いことなど誰も知らなかった時代は、さぞ楽しかったに違いない。
あの海の向こうに何があるのか分からないのだから。
しかし、そこには間違いなくロマンが犇めいていたのだ。
情報に溢れているというのは何とも退屈なものである。