JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

ライフスタイルの巻

2013年04月07日

桃色に染まるアスファルトに春の陽気が踊っている。
そんな情景がまるで似合わぬ私は、まだ遠い夏に思いを馳せながら
一人ぼっちのサマーバケーションをどのように過ごそうかと計画中である。

あいにく、私の傍若無人なライフスタイルに付き合ってくれる暇人はいないようだ。
世間様は一生懸命働いてらっしゃる。
無論、私も一生懸命働いてはいるのだが
どうもルーティングな毎日を耐え忍ぶ根性がないようで
基本的に着の身着のままに出かけてみたりすることが多い。

『今度の休みはあそこへ行こう』なんて計画してみても
当日の朝になって気分が変わっているかもしれないし
それなら、当日そのときの気分で決めた方がおもしろい。

例えばそんなときに
『これから香川県までうどん食いに行こう!』と友人を誘ったところで
『よし、行こう!』なんて快く乗ってくれる暇人はいないのだ。
残念ながら金を持て余したニートの友人がいるわけでもない。

正直、幼少の頃より団体行動が得意ではない。
もちろん、気の知れた仲間とギャーギャー騒ぐことは好きだが
一人で山奥の温泉街でも訪れて慕情に耽ったりすることの方が多い。

なぜ一人がいいのか?
人間だって犬タイプと猫タイプがある。
私の場合、完全に猫タイプなわけだ。

それに、日常の喧騒から離れたくて出かけるのに
普段いつでも会える人間と旅先でも一緒に過ごすというのは
私にとっては特に意味のないことである。
犬タイプの人からすれば理解できないことだろうけども。

感情を共有する喜びもあれば
感情を独り占めする喜びもあるわけで
その辺の両立を上手いことやっていきたいと思う次第である。
そう、つまり誰か遊んでください。