JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

高卒の巻

2013年03月26日

『衒学的(げんがくてき)』という言葉がある。
『学殖を必要以上に見せびらかすこと』という意味だ。
簡単な話が
『俺ってこんなこと知ってるんだぜ、すごいだろ』と
優越感に浸って調子に乗る人間を指す言葉である。
このような『衒学的』なタイプの人間というのは
いつの時代も煙たがられ、皮肉を言われるものだ。

時折、ブログを読んで頂いている方から
『読めない漢字が多い』と指摘されることがある。
もしかするとそんな私も
『衒学的な人間』だなんて思われる可能性はあるのかもしれない。

しかし、それは日常生活、日常会話において
わざわざ難しい言葉を引き合いに出す人間のことを云うのであって
文面においては至って常套なものである。
文学の世界においても
『あの作家は衒学的すぎる』なんて辛口を切られたりするが
文学だからこそ衒学的であるのだ。

そもそもブログなんてものは本来、
有名人や著名人のプライベートが垣間見れることにメリットがあったわけだ。
私のような凡人のプライベートを垣間見たいと望んでいる物好きな人間などあるはずもない。
それならば、せめて文面としてのエンターテイメントに少しでも近づけようと
無い知恵を絞り、ただの雑記をコラム風に見せかけているのである。

大した語彙もなければボキャブラリーもないが
中学生の日記のような文面を延々と垂れていても誰も得しないだろうし
どこかの誰かが通勤途中や、大便と奮闘中にでも暇つぶしにしてくれればよい。

ちなみに、 頭の良さそうな言い回しをしているだけで
実際はただの高卒のボンクラなので悪しからず。