JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

歳月の巻

2013年03月11日

2年前の今日。
KiMの優くんの結婚式へ向かう直前だった。
めでたい一日で終わるはずだった。

まだ2年?
もう2年?
遠く離れた地で温々と暮らしている私にとっては後者に違いない。
震災後の現場を訪れる機会は何度もあった。
しかし、私はそれを敢えてしなかった。

それが正しいのか正しくないのかは分からない。
いや、別にそんなところに正解があるわけではないか。

『結局、他人事なんだろう?』
そう言われれば言い返す言葉もきっと見つからないだろう。
テレビや雑誌でしか現場を見ていない私にとって
アフガニスタンで起こっている紛争と同じように
それは時間とともに目の前を通り過ぎていって
やがて一つの歴史の一部として心のスキマに沈んでいく。
そんな状況に何かしらの違和感を感じながらも
自分のやりたいことをして、毎日を楽しく過ごしている。

そんな自分を冷酷な人間だと罵ってしまえば簡単だが
どこか居た堪れないこの感情はなぜか私の足元をグルグルと回ってやまない。

静かに黙祷しよう。