JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

逢阪は今日も雨の巻

2013年02月26日

雨音が心地良い。
屋根を叩く雨も、窓を拭う雨も物憂げな夕暮れに溶け込んで
私は暗い部屋の片隅に項垂れ、暫くの懐かしみに浸るのだ。
あの日が近づくにつれ追慕の念が押し寄せる。
胸を刳る何かから逃げたくて
怯懦を抱え、どこか浮ついたまま陽の沈むのを待っては
時の早さに嘆息を繰り返している毎日である。