JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

ありの巻

2013年01月29日

私は働きアリ。
あなたも働きアリ。
ニートの青年だって、世捨ての旅人だって
所詮は俗世間から逃がれられず
今日を生きるために、一晩の安らぎのために右往左往する。
節操も無く西へ東へ歩きまわり日銭をかき集め
寝て果報を待つほどの余裕などありゃしない。
かといって金儲けに溺れた成り金にはなりたくないと呟く。

暇の内に放心するか、時間に忙殺されるか。
仏の顔色を伺いながら善人ぶって日々研鑽しても
とどのつまりはみな冥土の客人である。

くだらぬ諍いや物の奪い合いも
そのままくだらないと笑い飛ばせればいいが
誰しもが正義感のそ
れに振り回され
放っておけばいいものに首を突っ込み
挙句の果てに損しかしない。

そして『一体人生とは何ぞや』と考え出した日には
答えさえ見いだせずに悶々と頭を抱える始末である。