JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

考古学な巻

2013年01月07日

バイクのシートをめくったら一匹のトカゲがいた。
こんな真冬になぜトカゲがいるのか分からないが
彼は冬眠など忘れたかのように元気に走り去っていった。

子供の頃から爬虫類に魅力を感じてやまない。
彼らの持つ考古学チックな外面と
恐竜を小さくしたような可愛らしい外面が
今の超科学時代にはとてもアンバランスでいて
それがかえって魅力的なのだろう。

爬虫類が好きだなんて言ってみても誰かの好感を得られるわけでもなく
むしろ偏見の目で見られる世知辛い世の中ではあるが
ときどき『私もめっちゃ爬虫類好きなんですぅ~』
なんていうサブカル女子がいらっしゃるので
退屈な飲み会などでは爬虫類ネタをいくつか仕込んでおくと便利である。
ヒョウ モントカゲモドキのブリーディング知識や
パイソン系の拒食時の対応知識などがあれば尚良し。

しかし爬虫類ネタで切り込んでも
『私、爬虫類とかマジで無理ですわ』
という具合にバッサリ切られる場合もあるので
そういう時は
『爬虫類好きとか頭おかしいよね~。俺ネコが好きやねん』と逃げておけばよい。