JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

我慢

2012年06月28日

就職活動中であろうお姉さんが齷齪しているのを横目に
頑張れ、女子大生!と心の中でエールを送ってあげるのが日課だ。
荒波うねる大海原へ今まさにボートで漕ぎ出さんとしている。
社会の波は荒いぜ~と忠告してあげたいところだが
お前みたいなボンクラに言われんでも分かっとるわい!と言われるのが関の山である。

一度でいいから、大手企業の面接を受けてみたい。
何人もの面接官に囲まれて、根掘り葉掘り聞かれるのかと思うとドキドキする。

『なにか人に自慢できる特技はありますか?』
『えーと、うんこを我慢するこ・・・』
『はい、帰ってください』
なるほど、やはり私には面接の類は向いてそうにない。

しかし、本来面接ってのはその人の中身を見るのが目的であるはず。
ありきたりな質問をしたところで
家で用意してきた解答をそのまま言われるだけである。
そんなもので果たして会社に相応しい人材かどうか分かるのか。

綺麗な嘘より、汚い本音の方が
面接としては理に適っているはずだ。

実際、うんこが我慢できるかどうかは非常に重要である。
大事な商談中に席を外して中々帰ってこないでいると
『アイツ、こんな大事な時にうんこしとるで』
と、会社の名前に泥を塗る羽目になる。
新卒のみなさん、頑張れ。