JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

サルビアの味

2012年06月24日

私が通っていた小学校の玄関口にはサルビアが植えてあった。
夏になると校舎の端から端までサルビアで真っ赤に染まる。
玄関を通るたびに甘い香りが鼻を通り抜けたのを覚えている。

毎日下校の時にサルビアの蜜を吸って帰るのが日課だった。
大人になった今でも、赤いサルビアを見ると当時の記憶が沸き上がってくる。
最近、近所の家の玄関先に赤いサルビアが咲いているのを発見した。
それを見た瞬間、何十年もの月日を越えて口の中にあの蜜の味が広がった。
私は我慢できず、あの時と同じように赤い花を摘まんで口に運んだ。
そしたら大き目のアリが2匹出てきました。
吐きました。
やはり思い出は思い出のままにしておくのがいいようです。