JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

Attack of the Killer Tomatoes!

2012年06月21日

どうしても食えないものがたった一つある。
それは生のトマトだ。
それ以外はゲテモノじゃない限り何でも食える(虫も食えたが)
なぜか幼少の頃より生のトマトだけが食えない。
味や食感というよりも身体が拒絶してしまう。
何かトマトに対する嫌悪や憎しみがDNAに組み込まれているとしか考えられない。
そういや、キラートマトっていうB級映画があったなぁ。懐かしい。

何にせよ、生のトマトがどうしても食えないのだ。
ところが不思議なことに、火を通せば好物に変わる。
トマト嫌いに多いパターンである。
焼きトマトにチーズ、バジル、オリーブオイルをぶっかければ神の味だ。
ぶつ切りトマトのソースだってピザだってミネストローネだって
トマト料理は全部大好きなんだが、やっぱりどうしても生のトマトが食えない。
どうすれば克服できるのだろうか。
生のトマトさえ克服できれば、もう恐いものナシである。
後は世界中のゲテモノを一つ一つ片づけていくだけ。
ふん、ちょろいもんだ。