JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

ボトルレター

2012年05月03日

ボトルレターを実際に実行した人はどれぐらいいるのだろう。
変態で有名な私のことだ、もちろん中学のときに既に実行済みである。
日本海の香住でアジ釣りに興じていたときだ。
もちろん、その頃はボトルレターなんて言葉は知らず
『ビンに手紙を入れて海に流すやつ』ぐらいの知識しかない。
当時、まだインターネットは一般的じゃなかったし
異国人との接触を試みるなんて妙に興奮したものだ。
しかし、いざとなると何を書けばいいか分からない。
変なことでも書いて国際問題になったらシャレにならんと思って
とりあえず自宅の住所と電話番号と名前を書いて流したのだ。
悲しいことに、ボトルレターの大半は沖に出ることもなく
流した場所に再び打ち返される運命だそうだ。
ましてや、荒波が打ち寄せる日本海ともなれば
恐らくテトラポッドの餌食となって海の藻屑と消えるのが関の山だろう。
そんなこと知る由もないピュアな少年の私は
それからしばらく来るはずもない返事を体育座りで待ち侘びたのは言うまでもない。
返事なんて別に来なくていいんだ。
『返事を待つ』という行為そのものがロマンなんだ。
釣りだってそうだ。釣ることが目的じゃない。
釣れることを夢見て糸を垂らすことにロマンを感じるんだ。
なんて都合のいい言い訳を並べては
グラスにロマンを浮かべて涙する夜である。