JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

キャンプ

2012年04月30日

キャンプしたい!キャンプしたい!
初夏になると四六時中キャンプしたいと考えている。
語尾がキャンプになってしまうぐらいキャンプしたいですキャンプ。
まるで恋煩いだ。
キャンプに恋焦がれ、胸が苦しくなる。
そう、完全に変態だ。
この暇人が!と蔑まされても仕方がない。
キャンプには男のロマンが山のように詰まってるんだよ!
なぜこんなにもキャンプが好きなのか。
事の発端はカブスカウト(ボーイスカウトの幼少部)である。
初めて親元を離れ子供たちだけでキャンプをした9歳の夜。
カブスカウトなので大人の団長が一人ついてくるが
基本的には何も手伝ってくれない。
「失敗しながら
でもいいから自分の力でやってみろ」という
何とも素晴らしいカブスカウトのドS精神のおかげで
我々子供たちは社会で生き抜く術を否応なしに叩き込まれたわけである。
泥だらけになりながら何時間もかけてテントを張った。
飯盒で炊いた黒こげの米も、みんなで笑いながら食えばご馳走だった。
キャンプの夜は長い。
たき火を囲みながら他愛のない話で盛り上がる。
アイツは誰々のことが好きだとか、2階の奥のトイレはお化けが出るとか。
そんなくだらない時間が大人になって宝物になるだなんて誰も知らない。
夜も深まった頃、今まで何もしてくれなかった団長が段ボールを抱えて現れる。
段ボールにはチキンラーメンが入っ
ていた。
そういえば、みんな腹ペコだ。
早速、たき火でチキンラーメンを作った。
満天の星空の下で食べたあのチキンラーメンの美味さは今でも忘れられない。
そして団長が「どうや、キャンプって最高やろ?」と問いかける。
違うよ団長!あんたが一番最高や!
だから今でもチキンラーメンが好きなんだ!
キャンプなんて別にどうでもいいよ!

赤い犬

2012年04月29日

『春は出会いの季節だ』
誰かがそんなオシャレなこと言っていたけど
出会いの欠片も転がってないじゃないか。
それどころか、良からぬトラブルが転がり込んでくる始末だ。
これじゃ毎日カッコつけて過ごしている自分が哀れで仕方ない。
一応はバンドマンだし、一般の人より出会いに恵まれてるのかもしれないが
それが色恋沙汰に発展する可能性なんて針の穴に糸を通すほどの確率である。
モテようと思ってバンド始めたのに!チキショー!
カッコつけてもモテないなら、じゃあどうすればいいのか。
その昔、赤犬のライブ中、ロビン氏に「落ち着け!パ○パン娘!」と罵られた女性客が
なぜか興奮して上着を脱ぎ出すという摩訶不思議な光景を目撃したことがあるが
やはりモテるためにはある程度の狂気が必要なのかもしれない。
今日、ライブ会場に向かっている途中
コンビニでKAT UGLYに遭遇。
昨日の岡山サイコビリー狂会の帰り道だろう。
やはり、サイコ刈りは目立つ。

ハードロックとダンプ

2012年04月28日

本日は結婚パーティーのサプライズとして

ハードロックカフェでアコースティックライブをしてきた。

ハードロックカフェでゲリラライブなんて滅多にできるもんじゃないよね。
おもしろい経験になったなぁ。
キレイな店員がいるなと思ったら夙川ボーイズのリンダだった。
世間は狭し。
そうそう。
たまたま何かのリンクからダンプ松本のブログに飛ばされたんだが
『懐かしい写真』と題された記事に
若かりし頃のライオネス飛鳥の写真がアップされていた。
バッドレリジョン!
ライオネス飛鳥、バッドレリジョン好きなのか~。
しかも、これって恐らく20年以上前の写真だよな。
(勝手に転載すんません)

カラス

2012年04月27日

早朝、バルコニーが何やら騒がしくて目が覚めた。
カーテンを開けてみると、物欲し竿の上にカラスが2匹。
しばらく眺めていると
物干し竿にかけてるハンガーを器用にクルクル回して遊んでた。
いや~、カラスが頭いいとは聞いてたが、本当に賢いな。
先日冷やし中華にフォーク付けた兄ちゃんよりは賢そうだ。
この際、頑張って手懐けてみるか。
郵便ポストのチェックぐらいなら頼めそうな気がするけど。
手懐けに成功したら、外出時は基本的に肩に乗せておく。
そしてそのまま竪琴を持ってミャンマーへ出家するのだ。

一人酒・・・!

2012年04月27日

 
たまの一人酒
お気に入りの映画
イカ炙りながらの焼酎ROCK
仲間と呑むと 開放だけの 気持ちが
一人やと 自分の思いに 向き合える・・・
又この時間の為に
頑張るとするか・・・
★2012年4月29日(日)JBC


第2回【DANCE★PA】近畿PX9カフェ


/w


□the rocats(BILLY69・サポート・バンド)


■Wildjive


□クラックス


■モーター3


□THEシルク


■サンダーロッカース(岡山)


□WildCats(和歌山)
 
■リーリールイス(京都)


□野良猫ムサシ(兵庫)


DJ


■SKAT白井&BIGJIN


☆ダックテール・ショウ(POWER&SKILL ORIGINAL)



 

初夏っぽい

2012年04月26日

郊外へ車を走らせた。

窓を開けると都会の雑踏に混じった初夏の夜風が飛び込んできて
「あぁもうすぐ夏か」と、得体の知れぬ高揚感が胸を叩く。
春も秋も名ばかりで、知らぬうちに過ぎ去ってしまう。
何とも儚い夢心地は、まるで空蝉の表れのようだ。
そんな刹那の空に浮かぶ月はどこか頼りなく霞みゆく。
大粒の雨がボンネットを叩いて
湿った空気が春の終焉をつれてくる。
やがて一寸の晴れ間から漆黒の闇が顔を出すと
人々はどこか悲しげに新しい季節を迎え入れる。
ああ、もうすぐ夏だ。

冷やし中華とギャロ

2012年04月25日

ファミマで冷やし中華を買ったらフォークを付けられた。
これがゆとり教育の本質である。
頑張れよ、研修生。
社会に出たら険しい道ばかりだぞ。
とはいえ、自分が社会に出たばかりの頃を思い出すと
冷やし中華にフォークのような可愛い失敗ではなくて
血の気が引くような失敗を何度も繰り返したものだ。
おかげさまで、このような立派なボンクラに成長しました。

そういえば今日、ヴィンセントギャロが来阪してるようだ。
ギャロといえば、やっぱバッファローが一番有名だろうなぁ。
当時の女子たちはギャロのセクシーでアウトローなスタイルに陶酔し
男子たちはクリスティーナリッチのおっぱいに陶酔したものである。
久しぶりに観ようかな。
個人的には
気まぐれな狂気(97年)→バッファロー’66(98年)→GO! GO! L.A(99年)
この時期の3連続が好きだす。

お疲れ様でしたん。

2012年04月23日

レコンキスタ、お疲れ様でした。

みなさん、ロックンロールしましたか?
いやぁ、楽しかったなぁ。
いろんなジャンルのイベントはやっぱり楽しい。
次回も楽しみですな。
ライブも終わり、作詞作業を再開。
音楽とは何ぞや?と立ち返ってみると
結局は『感情表現』という言葉に行き着くわけだが
だからといって感情をそのまま詩として起こすと
出来損ないのラブレターのような、中学生の日記のような
何とも見るに堪えないものが出来上がる。

そんなものを世間様に公開しようものなら末代までの恥である。
世間に醜態を晒すことこそが芸術なのかもしれないが
ここは男子として理性が働く部分でもある。

兎に角、それほど日本語の歌詞というのは難しいわけだ。
英語だったらアイラブユーと言えば済む話だが
日本語で「愛してる」なんて言うと最近流行りのJポップと大差ない。

あぁ難しい・・・難しいぜ!
歌詞書いてる時はいつも頭から煙が出そうになる。
いっそのこと本当に煙でも出てくれたら新曲のネタになるのに。

タスキンコレ

2012年04月21日

明日はいよいよレコンキスタ
しかも予報では大雨!こりゃ面白い!
これでこそロックンロールだ!
いきなり天気が崩れたときは困るけど
始めから雨だと分かってればこっちのものじゃないか!
雨の中でサッカーするとテンションが上がるのと同じだな!
みんな、気にせず遊びに来てよ!
何たって女性は入場無料!
こんなメンツのイベントをタダで見れるんだから
雨に濡れるぐらいどーってことない!
男はこれを言い分に気になるあの子をデートに誘ってみては!
では難波ロケッツで待ってます!

ヤリイカ

2012年04月20日

近所のスーパーにて。
特売品のヤリイカの前で立ち止まるおばちゃん。
おばちゃんにトングで掴まれたヤリイカは
ビニール袋に放り込まれずにそのまま地面に落下。
ビチャッと音を立ててヤリイカが横たわる。
おばちゃんはそれを無視して新しいヤリイカをゲット。
そのままその場を逃げ去ろうとしたわけだが
横たわったヤリイカの横に、スーパーの店長が立っていた。
この時おばちゃんが素直に謝っていれば恐らく店長は
「ああ、いいですよ!そのまま置いといてください」
という流れになっていたと思われるが(僕の推測)
おばちゃんが無視して行こうとしたもんだから
店長は申し訳なさそうに皮肉を込めた具合に
「奥さん、気をつけてもらわんとね」
と人情たっぷりの営業トークをストレートに打ち込んだところ
「この掴むヤツがアカンねん、アタシのせいちゃう!」
と無茶苦茶なカウンターを返すおばちゃん。
何発か言葉の打ち合いが終わった後、おばちゃんが
「ホンマしょーもないスーパーやな!」
と投げ捨てて試合終了。
菩薩のような店長の顔が少しずつ金剛力士像のように変わっていくのを見ながら
買い物を終えて帰ってきました。
スーパーの仕事も大変だなぁと思った今日この頃。
今日の夕飯はヤリイカのペスカトーレです。
 
1 2 3