JUG A BILLY CATS

BLOG

ウッシーのコラム

呪いの最終章

2012年03月15日

いよいよ呪いが本格化してきた。

頚部に謎の腫瘍ができて、生まれて初めて手術することになってしまった。
局所麻酔の簡単な手術らしいが、場所が首なだけに少し恐い。

これまで健康だけが取り柄で調子に乗って生きてきたが
突然体に異変が出てくると不安を隠せない。
小心者ですみません。

それにしても俺の体に直接影響を与えるなんて、かなり凄腕の呪術師に違いない。
マーサスサウンドマシンのヒサダさんが先日のライブで
「例の占い師が俺を呪い殺すと言っているらしい」と言っていた。
うーむ、今は呪いが流行ってるのか?

誰かが自家製のデスノートに俺の名前を書き殴っているかもしれない。
もしくは丑の刻参りなんていうアナログなやり方かもしれない。
どちらにしろ、ここ数ヶ月間に色々な不幸に見舞われているのは確かだ。
気をつけなければ。

ところで手術中はどう過ごせばいいんだろう。
タトゥースタジオみたいなノリで漫画読んでたら怒られるよな。
ツイッターで実況中継するとか?「麻酔効きすぎワロタww」みたいな。
というわけで、手術中ずっと手を繋いでくれる優しくて綺麗な女性を募集します。